血統診断

【オリエントワークス21】(牡)~投資のための血統診断~G1サラブレッドクラブ

(牡)オリエントワークスの21

種牡馬
ハービンジャー
(父の父:Dansili)
繁殖牝馬
オリエントワークス
(母の父:ワークフォース)
Screenshot

オリエントワークスの21

netkeiba.comで、オリエントワークスの21の詳細を見る
0サンプル数
0万円(募集総額)
期待出走数:0

 
血統評価チャートは相対評価グラフとなっております。
オリエントワークスの21の馬場適正

オリエントワークスの21の芝・ダート適性(全体出走:1390回)

オリエントワークスの21のサンプルデータからは、圧倒的に芝での出走ケースが多く(芝:78.2%・ダート:20.14%)、芝適性があると言える。
新馬のうちは調教師もそう考えて育成・出走させてくるものと想定される。この特徴から、ダートはあまり期待できない傾向があるかもしれない。

オリエントワークスの21の距離傾向

オリエントワークスの21の距離傾向

オリエントワークスの21のサンプルデータからは、中距離(1600~2200m)に適性がありそうです。
この距離に適性がある競走馬は距離的な幅が広い馬が多く、スピードがあるようならマイル戦、スタミナがあるようなら長距離戦も挑める可能性があります。気性的な面や走法などでタイプが様々だと思いますので、そのあたりをよく募集動画などで見極められるといいでしょう。

オリエントワークスの21の脚質傾向

オリエントワークスの21の脚質傾向

オリエントワークスの21のサンプルデータからは、差し・追い込みが逃げ・先行より多いようです。このことから、切れ味の鋭い馬が良く出ているようです。
差し脚質が最も多いようです。最終コーナーから直線に向かう位置あたりで先頭集団へ抜け出し直線で一気に先頭へ躍り出るようなレースが理想でしょう。ただし、力が無ければ、直線で先頭集団に追いつくが、そのままで、他の馬に押し切られてしまう可能性もあります。先頭に追い付けるだけのスピードと抜け出す切れ味があるかどうか見極めのポイントになりそうです。

Return Top