IT

サイト内検索

Webサイトデザインを改善いたしました

非常に見にくいとご指摘を受けていた当サイトですが、このたび大改修いたしました。

サイト大改修!見やすくなったかな?

美和
突然のリニューアル発表ですねw

静寂さん
まあねw以前から、見にくい、ナビゲーションが悪い、関連ページに行きにくいなど数々の指摘を受けていたんだけど、このたび、全般的に改修した。

今回改修したところ

  • テーマの変更
  • トップページの改修
  • 各カテゴリ・タグに各々に必要であろうナビゲーションの追加
  • 各記事に沿った関連ページの表示(随時追加中)
  • カテゴリ構造の大幅改修
  • タグの改修
  • その他詳細諸々。。。

美和
結構大幅に改修しましたね!テーマの変更が一番大きいでしょうか。

静寂さん
そうだね。ただし、同じDigiPressの別のテーマへの変更だから、テーマ変更自身はそこまで大きな問題ではなかったよ。

テーマの変更

テーマ変更

テーマの変更は最も気を使うところです。
今回おなじDigiPress製の、以前使っていたテーマへと戻しました。
実は今まで使っていたテーマの方が新しいのですが、レスポンシブデザインとしてはちょっと思ったような制御ができませんでした。
今回採用した古い方のデザインテーマは自分が思ったようなレスポンシブ化してくれるので、思い切って古い方のテーマに戻したという経緯です。

トップページの改修

トップページの改修

今まではテーマ標準でついていたスライダーなどを利用していました。
しかしながら、思ったような表示ができず、また、ページを最適化していく過程では、スライダー機能が重く、パフォーマンスを落とす原因になりがちでした。
今回はスライダー機能をきっぱりさっぱり向こうにしました。
表示としてはコンテンツカテゴリの紹介リンクを上部に掲載し、ナビゲーション性を高めました。
ブログ記事の最新情報を流しつつ、どうしても当サイトの場合、一口馬主の近況情報の量が多いため、血統診断と、FX/株式投資カテゴリの最新情報は別で一覧表示するように設定しました。

ナビゲーションの追加

ナビゲーションの追加

カテゴリやタグのページなどに行くと、そのカテゴリやタグに登録されている記事の一覧が表示されます。
しかしながらさらに絞り込みたいときなどに絞り込みまでたどり着けない状態です。
例えば、血統診断カテゴリ。

当然ですが各クラブの血統診断記事が一覧に表示されます。
クラブごとにまとまった表示にしたほうが、探しやすいだろうという考えから、カテゴリ上部に、各クラブごとに詳細が分かれるようにナビゲーションリンクを掲載しました。

関連ページ

関連ページ

例えば、各競走馬の近況情報は、同じ競走馬の近況情報を履歴で見たいと考えることが多いものです。
テーマ既存の関連ページシステムや、プラグインではどうしてもタグやカテゴリ、記事本文から関連性を見ながら関連ページのリストを作るので違う競走馬の近況情報が入ってきたりします。
血統診断の記事も、クラブごとにまとまったものになっているほうが、お目当ての募集馬の血統診断にたどり着きやすいと考えクラブごとにまとまった血統診断のリストが関連ページとして表示されるように作りました。

カテゴリ・タグの改修

カテゴリ・タグ

今回一番大型の改修・修正がカテゴリ構造の修正とタグの改修です。
今までは競走馬ごとに、カテゴリを作りその下に各競走馬の近況情報を入れていましたが、これで作っていくとその競争がが引退して情報が流れてこなくなるともうカテゴリに記事が追加されなくなること、新しく出資した競走馬が出てくるとカテゴリを追加する必要があることなど、種々の問題がありました。
血統診断カテゴリは非常に悩ましく、クラブごとのカテゴリを作って2021年、2022年と下にカテゴリを作ってみたりしていましたが、どうにもしっくりきませんでした。
そこで、今回カテゴリはシンプルに、一口馬主というカテゴリの下に血統診断というカテゴリまでとしました。
そのうえでタグをうまく使い、クラブ名血統診断のタグであったり、クラブ名血統診断20222といった、年号付きのタグを登録することで出生年とクラブで絞り込んだり、クラブ名だけで今までの血統診断が全部見れるように構成を変更しました。
同様に出資馬の近況情報記事も、競走馬名のタグを入れることで、その競走馬の近況情報一覧を絞りやすく構成しました。

美和
なるほどぉ。結構いろいろいじったんですね。

静寂さん
一番大変だったのはカテゴリ構成の変更修正と、タグの修正だね。
これをしっかりと、過去の記事もカテゴリ変更やタグの追加編集削除ができないと完成しないからね。でもなんとかやってのけることができた。
それプラス、今回これらがうまくできたのはウィジェットを使って、さらに、そのウィジェットをどのパート、例えばトップページだけとか、このカテゴリの時だけ表示とかができるからこそ、必要な場所に必要なナビゲーションを表現できたのかなって。

美和
でも確かにわかりやすくなりましたよね。

静寂さん
ナビゲーションについてはその掲載する位置なども含めて現在進行形でまだまだ追加していっているところだよ。

美和
しかしこれだけスッキリと整理できたら、アクセスも増えたんじゃないでしょうか?

静寂さん
そうだね。今まで1ユニークアクセスあたりの平均PVが、1.2くらいの小さい小さいPVだったんだけど、今は1ユニークあたり5~7程度で推移してる。
要は爆上げだw
PVだけで見たら1か月前と比べて5倍だからね。すごいもんだよ。というか、いかに自分が回遊性を意識せずにブログサイトを作ってたかってことだよね。
これからもユーザビリティ性の高いサイト作りに邁進します。

Return Top